読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業行くマンの日報

年間100泊以上国内出張している営業マンの日報

会社の同僚が業務上横領してるんだが。

昨日私の上司から聞いたんだが同僚が業務上横領してる。

なんというか、こういう話聞くと変な高揚感を感じてしまう。

きっと自分の性格が歪んでいるんだろう。

 

まぁ落ち着けオレ。

 

f:id:eigyou-ikuman:20170131105406p:plain

背景

従業員数は100人規模の中小企業。

横領してるのは先輩Aさんとしよう。

私の予想では金額は10万円〜30万円。

 

私もAさんも営業マンで年がら年中全国に出張に行っている。

 

 

業務上横領の内容

Aさんのした事は簡単にいうと、こんな感じ。

 

自分でした飲食をお客さんと行ったことにして領収書を経費で落とした。

 

うむ。

 

要するに、自分で8,000円自分で飲み食いして、

領収書を会社に出して8,000円を会社から返してもらうってこと。

 

これはお客さんと飲みに行くとコミニュケーションや親密性が上がり、

結果的に売り上げも将来的に上がるだろうという前提があるから会社が飲み代を出してくれるわけであって。

 

単純にAさんの飲食代を会社が負担するわけがないのです。

 

でも実際にお客さんと行ったかどうかなんて判別つかないからね。

特に出張先だと。

 

お客さんに電話で確認するわけにもいかないし。

 

「あのー昨日うちのAと夜食事しましたか?」

 

なんて確認もできるわけないし。

 

 

さらに悪質なのは、、、

これだけでも十分悪質なんだけどさらに悪いことが発覚。

というかこの行動で今回の横領が発覚した。

 

Aさんは同じ地方に出張に来てた後輩の同僚を誘って飲みにいきました。

こんなやりとりがあったようです。

 

店「8,000円です〜」

 

A「俺払っとくでいいで〜領収書で落とすし〜へへ。」

 

後輩「え?それはまずいですよ。」

 

A「ええで。ええで。」

 

後輩「聞かなかったことにします。でも僕は半分の4,000円払います。」

 

A「おうありがと。」

 

そしてAはまるまる8,000円を経費で精算。

 

んん?

 

あれれ?

 

おお?

 

 

飲み代は8,000円。

後輩から4,000円もらう。

会社からも8,000円もらう。

 

合計12,000円になってるんですけどーーーーーー!!!

後輩はお前に4,000円あげただけかい!!!

 

そんでAさんは前々から上司からな〜んか怪しいと思われていたのでしょう。

お客さんと飲んだという8,000円の領収書が上がって来たのをみて、同じ地方に出張に行ってた後輩に様子を聞くと、、、。

 

あーーーうち。

 

社員同士の飲み代だったことがあらわになったというわけ。

 

 

悪いことってバレるね

こんなの会社の人間とやったらダメでしょう。

すぐバレるでしょそんなの。

 

しかし誘惑を断ち切ってちゃんと4,000円払ったその後輩は偉い。

 

 

まー先輩がいうならいっか。知らんぷり。ってなっちゃうよね普通。

 

 

私どうしたらいいんでしょう

とりあえず、Aさんの上司は本人への注意に留めて会社には報告していないようです。

でもこれってまずいよな〜社長まで情報がいけば、

注意で留めてたAさんの上司も罰受けるだろうし。

 

でも今の段階で私が密告すると、密告者が私とバレる可能性もある。

 

Aさんから嫌がらせとか食らっても嫌だし。

 

もう少し見守っと知ってる人間が増えたところで密告しようかな。

 

う〜ん、温めておきますか。

 

 

 

 

営業のアポをショートメールで取るのは失礼なのか?

サラリーマン雑記

f:id:eigyou-ikuman:20170126121108p:plain

私はサラリーマンをしており営業職です。

メーカーに勤めており、決まったお客さんへのルートセールスです。

毎日毎日新規で個人宅にピンポンピンポンスタイルではないです。

 

だいたいのパターンとして前週か数日前にお客さんに電話で都合を確認します。

「来週の水曜日の朝はあいてますか。」

こんな電話が多いです。

 

しかし、お客さんも営業マンであることが多く電話が一回じゃ繋がらないこともしばしば。

 

そして相手からの折り返しがあった時に自分がでれない。

また、ちょっとして掛け直して、、、

 

何の情報交換もせず時間だけが過ぎていき、

どんな内容だったかと言えば、ただのアポの電話だったということもよくあります。

 

これはお互いロスだろうと私は思っているので、携帯のショートメールで予定を確認するメールを送ったわけです。

 

相手は50代の所長ポジションの方です。

 

そうしたらその方がどうやら怒っていたという情報が私に入って来ました。

 

「アポイントをショートメールで取るなんて失礼だろ!」

 

ということらしい。

 

うむ、、、。

 

これってみなさんどう思ってるんでしょうね。

 

私は全然アリだと思っていたのですが。

 

世代の違いなのか。

 

相手が老害なのか、私が若害なのか。

 

うむうむ。

【書評】振り飛車党は絶対に「四間飛車を指しこなす本」を読むべき【藤井猛】

四間飛車を指しこなす本」は四間飛車を指す方ならマストな絶対おすすめ本です。

1巻、2巻、3巻と出ているのでとりあえず全巻買いました。

 

私は将棋ウォーズ初段のペーペーですが、読後は明らかに勝率が上がりました。

級位者は読めば初段以上になる実力が付きますし、段位者にも絶対に参考になる内容かと思います。

 

<こんな方におすすめ>

居飛車からの急戦で見たことがない展開だと大体悪くなる。

居飛車からの急戦への対応が合っているのか自信がない。

藤井システムやってるけど、なんか曖昧。

・持久戦で来られると困る。

 

1巻~3巻の目次紹介!

下記を見て頂ければわかりますが、ほぼ全ての戦型を勉強できます。

唯一、頻出な戦型なのにこのシリーズで解説されてないのが「居飛車の右四間飛車」対策かと思います。

これについては、杉本昌隆先生の「四間飛車の定跡」がおすすめです。

4五歩早仕掛けと右四間飛車に特化した棋書です。

 

 

「指しこなす本」は全三巻でがっつり解説があるので、1冊の本に全ての戦型が収めている通常の解説書とは内容の濃さが全然違います。

藤井システムがこれだけ解説されてるシリーズもそうそうないので嬉しい構成です。

 

1巻は居飛車急戦対策

  1. 斜め棒銀
  2. 6五歩早仕掛け
  3. 最短の仕掛け
  4. 山田定跡
  5. 棒銀
  6. 矢倉引き角
  7. 終盤の手筋

 

eigyou-ikuman.hatenadiary.com

2巻は居飛車穴熊対策と藤井システムの基礎

  1. 角交換挑戦型
  2. 5六歩速攻作戦
  3. 6六銀型四間飛車
  4. 4八飛車戦法
  5. 藤井システム基礎編

 

3巻はいよいよ本格的に藤井システム解説!

  1. 藤井システム
  2. 左美濃完全撃破
  3. 5筋位取り
  4. 玉頭位取り

 

解説がとにかくわかりやすい・読みやすい

アマチュア級位者の目線で書かれている

振り飛車の解説本のよくあるパターンが、

「この変化で相手の船囲いより、振り飛車の美濃が固いから振り飛車よし」というやつです。

 

いやいや、こんなの相手にだけ龍つくられてるのに、

「美濃が固いからまだまだ互角。やや振り飛車よし」とか言われても級位者は困っちゃうんです。

「指しこなす本」では序盤の定跡の解説がメインですが、

少し良くなってから、少し悪くなってからの中盤の指し方にも触れていることが多く、

詰みまで行く変化の紹介もあるため非常に参考になります。

 

次の一手形式で進むからページをめくるのが楽しい

同歩、同銀、同桂、●●飛車、同桂、●●玉・・・●●歩・・・の変化が・・・なるほどわからん。

 

の展開にはなりにくいです。

 

ずらーっといろいろな変化が書いてあるタイプの本ではなく、数手ずつ止めてその手の意味が親切に解説されてます。

1ページ3手くらいしか進まないことがほとんどなので、当然その分解説も増える。

そして、ページをどんどんめくっていく感じもまた爽快です。

 まさにアマチュア目線の読んでて気持ちのいい本です。

 

考え方が勉強できる

よくあるパターンが、本で勉強した形を丸暗記するけど

実践では全然その形にならないというパターンです。

 

これは当たり前ですよね。

プロがアマチュア向けに、最善だろう手を示し合い、

その中で「振り飛車よし」という展開にあえてしているのが棋書なわけですから。

自分の対戦相手が、棋書通りの形の良い手を指してくるわけはなく、

アマチュアらしいゴリゴリの手を指してくるわけです。

 

こうなると、「あれ?解説本ではここに銀がいると

形が悪いって書いてあったのに実際されるとどうしたらいいかわからない・・・

いやな手だな・・・アウチ」となります。

 この「指しこなす本」は変化の数ももちろん多く収録されてますが、

考え方、感覚、センスが身に付きます。

 

1巻のまえがきから引用

「相手の力を利用して、投げる、でしょうか」

この感覚を身につけ、四間飛車で勝つパターンを知る、これが四間飛車を指しこなす一番の近道です。

本書はその感覚とパターンを学べるよう、まずは四間飛車居飛車の急戦の戦いを独特の形式でまとめたものです。これまでの解説中心の定跡書とは違い、問題形式で一つ一つ自分の知識と理解度を確認しながら読み進めることができます。~中略~よく出る形、よく出る筋をたくさん取り上げ、四間飛車を指しこなすコツが事前と身につくようになっています。~中略~あなたの段位は数段アップしているはずです。

 ということです。

 

振り飛車が有利になるのは難しい

四間飛車教則本なのに矛盾するようですが、読めば読むほどそう感じます。

だからこそ、「指しこなす本」がためになりました。

 

しっかり居飛車に指されるとなかなかそう簡単には有利にならないんです。

将棋なので当たり前なのですが、そこのことがよくわかる本となってます。

安易に「これで振り飛車よし」で終わらないんです。

振り飛車よし」となるなら一手さかのぼって違う変化の解説が入ります。

自分の知っている定跡の次の次まで見ると、

居飛車がよくなる変化などもたくさん載っていました。

振り飛車破りとしてもよい内容になっています。

 

まとめ

負けた時にこの本を読み返すと、対策の方向性が書かれていることが多いです。

実践を通して何度も読み返し行く中で藤井先生の仰っていることが段々理解できるようになります。

価級位者から段位者までこれは振り飛車党にとってのバイブルになることでしょう!

 

最後に藤井先生のコメントを。

第1巻、2巻、3巻とすべてを完璧にマスターしたあなたは、確実にアマチュア四段の力はついているはずです。

藤井猛の「四間飛車を指しこなす本1」は本当にわかりやすい!【急戦編】

藤井猛さんの「四間飛車を指しこなす本1」を読みました。

これはすごい。

中級車から上級者まで絶対に参考になります。

次の一手形式で序盤から終盤まで続いていきます。

また細かい変化にも対応しており、大変わかりやすいです。

 本書に載っている振り飛車の守り方を少しご紹介してみようかと思います。

藤井先生のまえがき

四間飛車の極意を一言でいうと何でしょう?」

ファンの質問に私はいつもこう答えます。

「相手の力を利用して、投げる、でしょうか。」

この感覚を身につけ、四間飛車で勝つパターンを知る、

これが四間飛車を指しこなす一番の近道です。

本書はその感覚とパターンを学べるよう、

まずは四間飛車居飛車急戦の戦いを、独特の形でまとめたものです。

これまでの解説中心の定跡書とは違い、

問題形式でひとつひとつ自分の知識と理解度を確認しながら読み進めることができます。

 

 急戦にやられちゃう私にとっては、なんかもうこれ読んだだけでワクワクしてきます。

 

こんな方におすすめ

居飛車の急戦の対応の基礎を勉強したい。

・急戦でやられることがある。

・いつもしている受け意外の手を知りたい。

 

でてくる振り飛車の受け方・守り方

それぞれについて、ほんのさわりだけご紹介します。

 

斜め棒銀対策

居飛車7五歩と突いてきます。

どのように受けますか。

f:id:eigyou-ikuman:20161010192816j:plain

正解は、7八飛車です。

このあたりは簡単だと思いますが、こういう基本的なところからおさらいできるので助かります。

 

三手進んだ局面。

ここで定跡化された手がありますが、恥ずかしながら私は間違えました。

わかってしまえば、「そうだよね~」なんて思うのですが、

そういう意味でもこの本の解説は大きい。

f:id:eigyou-ikuman:20161010212359j:plain

正解は、6五歩

このタイミングで角交換。

 

斜め棒銀だけでも80ページほど費やして、かなり細かい変化まで言及されています。

 

 

 

6五歩早仕掛け対策

これもいろいろなパターンがあります。

もっとも基本的な形だけご紹介します。

 

6五歩と角交換を要求してきます。

ここで間違う方はいないかと思います。

f:id:eigyou-ikuman:20161010213413j:plain

正解は4七金。同歩だけは絶対に避けましょう。

 

6五歩と取り込まれた場面。

どうしますか。

f:id:eigyou-ikuman:20161010213419j:plain

正解は、5七銀引きです。

私は同銀を選んだので間違いました笑

なぜ銀引きなのかは本買って確かめてください。

こういう基礎を振りかえる場面が以外となかったので本当に参考になる。

 

次に7三桂が飛んでいるバージョンも当然解説がありますが、これまたいろいろな変化のってます。

 

最短の仕掛け対策

こういう名前の仕掛けがあることを知りませんでした。

後手が6四銀とでたところ。

こういう仕掛けをされると「あれ?守り間に合ってない?」と軽く焦りますが、

全然焦る必要はありません。

ただ、ここで焦ると悪くなります。

f:id:eigyou-ikuman:20161010214626j:plain

正解は、9八香です。

焦って6五歩と角交換にすると、相手も銀を弾いて振り飛車側に7九飛車などの傷が残ります。

基本、角交換は振り飛車が不利になります。

 

続いて、7五歩とついてきたところ。

どう受けますか。

f:id:eigyou-ikuman:20161010214631j:plain

正解は、6五歩

相手の7五歩を待ってから6五歩を突き返すのが振り飛車らしいカウンターと藤井先生はおっしゃてます。

実践でこうなると慌てて6五歩つきそうですが、ひきつけてからのカウンターですね。

 

 

山田定跡対策

でました山田定跡。

7四歩、6五歩、6七銀などいろいろ手はありそうですが、どれが正解でしょう。

 

f:id:eigyou-ikuman:20161010220114j:plain

正解は7五同歩

 

そして、銀がこの歩をとりにきます。

これ有名な場面ですね。

f:id:eigyou-ikuman:20161010220118j:plain

正解は7四歩。

これはとにかく理由はなく、歩をつくことと覚えている方も多いのでは。

ただ、ここからどうやって有利にすすめるのか、あいまいな方にはこの後の変化の解説は相当役に立ちます。

 

 棒銀対策

シンプルに棒銀です。7五歩ときたところ。

f:id:eigyou-ikuman:20161010221553j:plain

正解は、5九角

同歩は最悪ですね。棒銀の銀を5段目に出すときはもう勝つときだけです。

 

7二飛車と7筋を攻めてきました。

f:id:eigyou-ikuman:20161010221559j:plain

正解は、4八角

これはよく実践ででてくるので正解しました。

しかし、このあとの変化の多さにはびっくりしました。

この後の手順は全然正解せず、居飛車にやられまくりです笑

 

棒銀は初心者向けの戦法のイメージありますけど、かなり強いです。

しかししっかり受ければ振り飛車有利にもっていけます。かなりシビアです。

勉強しましょう。

 

矢倉引き角対策

これも私はさわりしか知らなかったので理解が深まりました。

おろらく大体の方はここまではいくでしょう。

f:id:eigyou-ikuman:20161010222527j:plain

正解は、6五歩です。

 

 

次に後手が角を弾いて飛車先を伸ばしてくる狙いです。

ここで振り飛車が狙うべきポイントがあります。

f:id:eigyou-ikuman:20161010222532j:plain

正解は6六角です。

この狙いとしては、8四歩で飛車先を押さえて、次に3三の銀をとり、8三に打ち込み飛車をとります。

 

なるほど~~~

 

こんなんも知らずに振り飛車やってたのかーいっていうつっこみはなしでお願いします。

でもこれもかなり細かい変化があるので、大変勉強になった。

上記の大まかな狙いをわかっている方でも絶対参考になります。

 

終盤の手筋

最後に終盤の手筋問題が16問入っています。

簡単じゃないですよ。

このような形でいきなり終盤の盤がでてきて次の一手を当てるコーナーです。

 

これは難問でした。

f:id:eigyou-ikuman:20161010223652j:plain

正解は、9一龍

 

これはずるい。次の一手形式だからついつい2二角とか2四桂狙いにいきたくなりますが、これは下記の受けで悪くなります。

2四桂同歩2三角同玉4一龍で一見成功ですが、ここで5一飛車で失敗。

藤井先生難しいです!

ぐっと9一龍と我慢して、相手に飛車を打たせてから攻めた方がいいとのことです。

うーん。

 

次はこちら。

f:id:eigyou-ikuman:20161010223658j:plain

正解は、2二香

私ならついつい2六香を打っちゃいますが、違うんですね~。

こういうの知ってるかどうかで終盤のスピードが全然違いますね。

 

まとめ

 上記の戦法に対してかなり終盤まで追って解説がなされています。

私はこの本で読んだ定跡で勝てた将棋もあって非常に満足してます。

全ての振り飛車中級者におすすめです!

 

 

 

将棋で負けると異様に腹がたつ相手の特徴

東京の将棋センターで将棋指してきたんですけど、もう超ムカついてしまってます!

うううううぉぉぉああああああああああ!って感じです。

 

なんで自分はあんなへぼ手にまけたんやああああ!って。

 

でもそのヘボに負けてる自分はもっとヘボいのかーーー!!って思うといっそうはらがたつというね。

 

でも全然はらが立たない負け方もあったんです。

この違いってなんだろ〜ってちょっと考えてみた。

負けると腹がたつ相手の特徴書いてみます。

 

指し手に品がない

対面して指すとだいたいわかるじゃないですか。

この人はゴリ押しだなーとか定跡しらないなーとか。

そんでゴンゴンきてキレイに序盤さばくわけですが、最後は色々とちって泥試合なるのがもう最低のパターン。

こういう指し方する人にまけるともう腹が立ってたまらん。

 

 

ギリギリの長手数の泥試合だったのに勝った瞬間饒舌で感想戦

うおおおおぉぉぉいいいいい!

さっきまで「ツーーー」「しーーーー」とかしか言ってなかったのに、

 

勝負ついたら急に、

「いやー最後のところでこうされるといやだったよ!」

とかいってんじゃねえ。

泥試合ってのはもうどこを振り返ってももうおそいんだよ、、、。

 

 

タバコをすっていいか聞いてくる

「タバコ吸います?」

「いえ。吸わないです。」

「いいですか?」

 

「……」

 

って、いいっていうしかないだろうが!!!!

ほんとは、「クサイからダメです」って言いたいよ?

聞いてきたからには「ダメ」っていってもいいんだよね?

 

そんで将棋なのでもう至近距離でプハープハーってやってくるわけです。

もう最悪すぎる。

マジでタバコ吸われると角一枚失ったくらい弱くなるから。

 

 

それはここにうって詰みだよ?とかいってくる人

私は投了せずに最後まで指したいタイプです。

あーすごく簡単な7手詰だってわかっても最後まで指します。

 

相手、王手!

 

私、逃げる

 

相手、王手!

 

私、逃げる

 

相手、王手!

 

私、逃げる

 

相手「ん?それここに打って終わりだよ?」

 

私「はい、指してください」

 

相手「え?ここ打ったら終わるよ?」

 

私「はい。」

 

相手「あれ?

 

ってううぉぉぉおおおおいいい!

 

そんなことわかっとるわ!!!

最後まで指せや!!!

 

もう最初の王手で詰むのわかってますから!

こっちが最後まで気づいてなかったと思ってるのか!

 

、、、ふぅ。

 

まとめ

弱い人にまけると異様に腹がたつのですが、その弱い人に負けてるのも自分。

将棋は全て自分で刺して運の要素がないから腹がたつのですかね。

 

平常心で将棋したいものです。

 

【書評】鈴木大介の「相振り飛車の定跡」を読んだ。

それぞれのパターン別に書いてあるのがわかりやすいです。

相手が中飛車四間飛車三間飛車、向い飛車で来たときのパターンがかいてあるのですが、

この本のいいところは、基本的に向かい飛車で受けるということです。

これがわかりやすい。

相手が四間飛車三間飛車、向い飛車でもこっちは向かい飛車で対抗する指し方が解説されてます。

中飛車の時だけは三間飛車で受けるように書かれています。

私はこの本を読んでからほとんど中飛車でやられなくなりました。

 

基本は石田流に組んでいく流れからの展開がかかれており、

振り飛車らしい捌きがよくわかるいい本でした。

 

振り飛車で悩んでいる方におすすめします。

 

どこまでが鼻ほじりなんだろうという疑問

雑記

「おい鼻ほじんなよ~笑」

「いやほじってねーし」

 

みたいな会話ありますけど、いったいどこまでが鼻ほじりで、何がセーフなのか、これを期に考えてみた。

 

どの指なら許されるのか

そうです、どの指問題。

指別に考えていきます。

人差し指

もっとも多いのがこの人差し指の一本指打法ではないでしょうか。

何も考えずに鼻に指差すとなぜか人差し指だし、俺は人差し指でいくよ!って人。

もちろん、人差し指はまずアウトです。

100%鼻ほじりしたことになります。

一番メジャーな方法ですが、意外と人差し指は太くて穴に入りにくいのが難点。

 

中指

中指だと、ほじった後にデコピンで飛ばしやすいから、俺は中指でいくよ!って人もいるかと思いますが、残念ながら中指もアウトでしょう。

そんで人差し指よりも太いから全然取れません。太いので機能面でもアウト。

鼻ほじりしたことになります。

 

小指

これはひそかに隠れファンは多いはず。

人差し指、中指は太くて穴に入りにくいから、俺は小指でいくよ!って人もいると思うけど、指の問題ではない。

一番奥まで届いて気持ちいいんだけど、見た目が一番悪いのが難点。

オシャレじゃない。

小指でほじってる人みると、「あーガチで掘りにいってるな」って思いますから。

小指で堀りにいってる時ってなぜか小指がちょっとコの字に曲がってることが多くて、それがまた見た目のエグさを強調します。

 

薬指

これはそうそういません。

まず指に力が入りにくい。ほじりに向いてないんです。

人差し指、中指ほどパワフルにはほじれないけど、小指ほど奥にはいけない。

つまり中途半端なんです。

薬指でほじってる人がいるとすると、それは相当なこだわりをもって鼻をほじっている人です。

こういう人には、どんどん追求していって自分なりのほじり道をいってもらいたい。

 

 

 

もうダメなのか!どの指を入れてもほじったことになってしまうのか!

さりげなく鼻をほじるために何か抜け道はないものなのか!

 

 

親指

唯一の例外として、親指があります!

親指は鼻をほじったことにはなりません!

 

鼻ほじりにおける「どの指問題」に終止符が打たれました。

親指は絶対的にセーフです。

 

鏡の前で、親指でほじった時のフォームをチェックしましたが、

まずほじったかどうか判断がつかないんです。

ただ鼻を触っただけのように見えるのです。

 

もしかすると、「親指は太すぎて入らないでしょ~」という心理も働いているのかもしれません。

しかし、滞在時間が長くなるとさすがにまずい(ばれる)ので、

そこは瞬時に太い親指でクソをかき出す技術が必要になります。

これは一人の時に練習してください。

 

番外編

ティッシュ越しに普通にほじる

これ私としては、絶対にアウトなんですけど、やってる人を見かけます。

つまり、普通に会話してるときにティッシュ越しに鼻ほじってる人いるんです。

もう日常に溶け込みすぎて、

「鼻ほじってますよね?」って本人に言えないレベル。

100%アウトでしょう。

 

右手で隠して左手でほじる

いや、隠してる手のしたで何が行われてるかわかってますから。

隠してるようで、強調してますよ?

そんで、両手が顔の真ん中に集まるから見た目にもなんかえぐい。

どんだけ激しくほじってるんだろーって想像を掻き立てられる。

 

ほじって、デコピンで飛ばすけどなかなか飛んでかない

これはほじった後の話だけど、ピンって指弾いて飛ばしたつもりが

指のうらっかわにくっついてたり、自分のズボンにくっついてたりする問題。

 

まとめ

つまり、どうしても人前で鼻をほじらないといけない場面になったら私は親指を推奨するという話です。