読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業行くマンの日報

年間100泊以上国内出張している営業マンの日報

はじめて将棋センターで指してきたけど、超うぜー!な人が多くて驚いた

最近、ネット将棋にハマッており、久しぶりに駒を触って対人で将棋を指したくなってきたので東京にある将棋センターに行ってきました。

 

対人で将棋を指した経験として、小学校の将棋クラブと父親くらいしかない私としてはドキドキです。

対局数で言えば、父親9割。

 

そんな私がしらないおじさんに混じって将棋を指してきました。

 

そして、おっさんたちのうっとうしさに面食らいました・・・。

 

とにかくしゃべるおじさん

「これとっちゃうよ?いいのか?」

「どんどんとっちゃうよー?」

「それするとこれだけどいいのかなヘヘ。」

「あーよくわかんないけど、これでいいだろっ」

 

 

おいおいおいおいおーーーい!こっちはミスしたのわかってるのにいちいち聞いてくるなっっ!

将棋っていうのはな!対局が終わっても素人にはどっちが勝ったのかわからないような、そんな落ち着いた空気でやるもんなんだよ!

 

と、いう思いを押し殺しながらミスをした自分を恨みつつ黙って指す私。

序盤のミスを盛り返し、どんどん指していくと、

 

「しーーーーしーーーー。うーーん。あれがきてこうなってこうなって・・・・・」

 

「しーーーー」

 

「うーーーーん」

 

 

っておーーーーい!急に長考かいい!

さっきまであんだけこっちをあおるようなこといっといて、しーしーしーしーうるさいわ!

 

 

そして、待ったをするおじさん

「あ、いまのなし。まったもありだよー?」

「へへ、にいちゃん厳しいねー」

 

おいーーーーー!ルールどおりさせ!うおーーーーい!

 

でも、はじめてきて、常連のおじさんの待ったを許さなかったという空気読めない行動もいやだったので笑顔で許す私。

 

そして、私が勝つと

 

 

「もう勝ったと思って適当に指してたらやられちゃったよへへ。」

 

 

 

なにそのちゃんとやってれば買ってました的なやつは!

長考して、待ったまでしてちゃんと考えてだろうが!

 

そして、私は「たまたま勝てました、ありがとうございます」と一言いって終わりました。

でも店の外出て小さくガッツポーズしました。

 

こんなあおりに腹がってしまう私がいけないのですが、

対局した三人が三人ともこんな感じだったのでなんともカルチャーショック。

でもなんだかんだ対人でのあのドキドキ感は楽しいしまた行きたい。

 

3連勝して帰ってきました。