営業行くマンの日報

年間100泊以上国内出張している営業マンの日報

【転職日記Vol.6】転籍前提って何?特定派遣のE社面接で色々聞いてきた

こんな求人がきた。

「転籍前提!3年後に派遣先の●●社に転籍できます。」

 

転籍前提の転職ってなに?まずそこからだった。

 営業職で受けてきた。

 

特定派遣の怖い面についてはこの記事に書いてます

 【転職日記Vol.5】自動車メーカーで働く父から聞いた特定派遣の恐ろしい実態。 - 営業行くマンの日報

企業概要

大手の子会社。特定派遣の会社

従業員1,000人

株式非公開

 

転籍前提ってなに?

今回、転籍の話があったのは、仮に「サンエム社」と呼びましょう。

巨大企業です。

 

要するに、まずE社に内定を頂き、サンエム社に特定派遣で派遣されます。

そして数年問題なくサンエム社で働けば、サンエム社の正社員になり、

E社とは完全に縁が切れますよと、そういうことです。

 

サンエム社、E社のメリットは?

なんでこんなややっこしいことをするのでしょう。

まずはわかりやすい

サンエム社のメリットから考えていきましょう。

 

サンエム社のメリット

サンエム社からすると、試用期間が3年もある社員を雇えるということです。

つまり、三年して、

 

「コイツ使えないな。」となれば派遣元のE社に話してクビにできます。

 

E社としても、もともとそういう契約ですし、

私を他の派遣先に派遣して仕事を与えればOK。

 

サンエム社としてはこんなに都合の良いことはないですね。

採用というのは、企業側も受ける側もお互い一発勝負。

ミスマッチが起こるリスクは高い。

 

自社の採用面接で採用した人材が、どれだけヘボくても三年後にクビにはできないけど、

派遣から「転籍前提」としてきた人材は、断れるのです。

最高じゃないですか。

 

派遣するE社のメリット

E社は、派遣先に社員が転籍すると、一見損するように感じますがそうではありません。

まずE社はとりあえず派遣さえしとけばお金が入ってきます。

 

転籍が成功すれば企業(今回ならサンエム社)から一定の報酬はあるでしょうし、

そういった実績を元にさらに転職者を囲い込めます。

 

転職者のメリットは?

転籍によって大企業に入社できる可能性があります。

よっぽどの実績と運がなければなかなか大企業に転職することは出来ませんので

これは非常に魅力的です。

 

また、通常の就職、転職ではミスマッチが有ってもどうすることも出来ませんが

派遣会社の社員として働きながらサンエム社をじっくり観察することが出来ます。

 

とんでもないクソ野郎な上司の下で働くことになるとしても普通は気づけません。

 

しかし、今回の派遣→転籍の流れなら、

「この会社は嫌だな」と思えば、派遣先の会社を変えてもらえる可能性があるのです。

 

転籍は必ず出来るの?

ここが一番気になるポイントで、実際に聞いてきました。

サンエム社に転籍したくてE社に入ったのに、

転籍出来ずに、結局普通の特定派遣の仕事をし続けるのでは意味が有りません。

 

転籍出来るのは7割

どれくらいの方が転籍に成功しますか?全員転籍しますか?と聞いたら、

「7割の方が転籍してます。」

と回答がありました。

 

7割か、、、

 

確率低いわ!!

 

気になる残りの3割の理由を聞くとこんな回答が。

 

「人間関係です」

 

人間、、、関係、、、。

 

つまり、サンエム社の社員との人間関係が悪いと社員になれないという事ですね。

 

派遣先の社員に嫌われたら社員にはないれない。

当たり前のことですが、非情だ。

 

選考内容

試しに受けてきた。

内定を得るには下記の工程を踏みます。

 

一次面接

派遣先の企業と顔合わせ

最終面接

内定

 

一次選考でははじめに1時間くらい会社説明がありそこから面接。

普通に、志望動機や自己PRとかがあった。

 

そして落ちた。

 

落ちた理由

リクルートを通してきた返事としては、

・時頭の良さは感じる。

・まじめ

・営業として少し弱そう。

 

との事でした。

 

総括

派遣業界は知らん事だらけだし勉強になるな〜

しかし、転職者へのメリットが少ない仕組みだな〜

本当に転籍が実現すればいいけど。

まぁ、落ちたけど。

採用する企業には非常にメリットがある仕組みだ。

 

「お前の能力じゃ普通こんな大企業入れないだろ?」

って言われてる気がして、ちょっと嫌な気分にもなった。

 

「おたくなんて使わずに直接、その会社受けて受かったるわ!」

って闘志が燃えてきました。

 

それでは。