読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業行くマンの日報

年間100泊以上国内出張している営業マンの日報

【転職日記Vol.15】転職活動始めて2ヶ月がたちました。56戦1勝41敗14分

転職活動を始めて2ヶ月がたちましたので一旦ここまでの活動をまとめます。

 

戦績

56戦1勝41敗14分

2ヶ月で合計56社に書類選考を出し、

1社内定ゲット!14社は選考中。41社は不採用。

 

面接を受けれたのは、9社です。

 

つまり書類からの面接確率16.1%

 

1社でた内定はR社ですが、行かないことにしました。

↓R社を受けた話↓

 http://eigyou-ikuman.hatenadiary.com/entry/2017/04/29/170804

孫会社はイヤだ。

でも内定が出るってのはすごい自信になる。

ありがとうR社。

 

全然面接通らなくて焦る

書類で落ちるのはなんの痛みもない。

だけど、面接で落ちるのは結構凹むんだよな〜

私は結構自己肯定感が高いタイプなので、

そこまで気にならないけど、やっぱりこたえる。

 

でもだいたい落ちる原因がわかって来た。

それは薄々自分でも気づいてる部分。

 

私が面接が落ちる理由

営業として弱い

不合格になった会社はどこもこれが理由。

いろんな言い回しや言われ方はあるけど、ここを突かれてる。

現職で扱ってる製品のシェアが業界内で非常に高いので、

その点、あまりライバルと戦い慣れてないと思われてしまうわけだ。

 

事実、守りの営業的な部分も大きいためそう思われても仕方がない。

この部分をいかに払拭できるかがこれからキーになってくると思う。

 

逆に、受かったR社では私の人柄を評価してくれた。

 

アピール不足

もうちょっとガツガツいくようにする。

一個聞かれて、二個も三個も返すのはうっとしいかなと思ってコンパクトな受け答えにしてた。

そのまんま、深堀されずにスーッと終わった面接があった。

 

この時に、「あーもっと伝えればよかった。」と思った。

相手は自分の事をまったく知らないので、

「こいつよく喋るな」って思われるくらい自分の情報を出さないと何にも伝わらないなと。

 

逆に、普段の人間関係でこれやってたらただのうっとおしい奴だけど、面接という場は特殊だ。

 

まだまだ大手企業狙いで行く

まだ諦めちゃダメだ。

とりあえず大手を片っ端から受けるんだ!

 

実際、今の時点で面接が確定してる企業はかなり大企業だし

まだまだそういうチャンスは巡ってくると思う。

 

サンエム社に対しては書類が通って面接までいけたわけで、

まだまだ可能性はある。

↓サンエム社を受けた話↓

http://eigyou-ikuman.hatenadiary.com/entry/2017/05/02/064731

 

営業以外も応募する

自分の強みとして英語があるのではそれをもっと活かしていく。

英語はTOEIC700点くらいなのでそれなりにアピールになるはず。

海外とのやりとりが必要で、そこに交渉力などが求められれば

自分の営業経験と語学が活きる。

 

総括

個人的には結構慌てちゃってるけど、

まだ2ヶ月なのでじっくりやるべきですね。

慌てない慌てない。

 

早く終われ〜!!