読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業行くマンの日報

年間100泊以上国内出張している営業マンの日報

【転職日記Vol.16】仕事やめて転職活動に専念したい衝動に駆られる

転職活動してる人なら一度はこんな衝動に駆られたことがあるのではないでしょうか。

現職の仕事があってなかなか行きたい面接に行けなかったりすることがあるんです。

そんな時、仕事やめたて専念したい衝動に駆られる。

 

面接日が合わず、見送りに、、、

商社のS社を受けた話でも書きましたが、

先方が提示した日に行けず、代案を出したら面接がなくなりました。 

 

↓S社をうけた話↓

 http://eigyou-ikuman.hatenadiary.com/entry/2017/05/09/071537

S社の場合は、先方が提示した日が1日しかなかった。

しかも平日の午前中。

 

これ普通無理じゃねーか?

 

現職の仕事がある人はお断りという事か?

 

理想と現実の行き来に疲れる

私の転職理由は現職の会社がダメすぎるからです。

ワンマン社長で、残業代も出ないし、業績も悪い。

 

そんな中、書類選考出して面接日程が決まると、

その企業で働く自分を想像してすごく夢が膨らむのです。

 

受かってもないのに、今の仕事へのパワーが3割くらい下がる。

 

よっしゃ!これでこんな職場ともお別れだ!

ってなっちゃうもんなんですよね〜

 

受かってもないのに。

 

そして、当然落ちます。

 

そうすると、急に今の腐った現実が見えてきて

 

どっと疲れる。

 

 

総括

みんなどうやって転職活動してるんだろ。

できる事なら辞めずに決めたいよね。

生活あるから。

 

でも仕事してると決まりにくいし。

 

 

 

ディレンムァ!!