営業行くマンの日報

年間100泊以上国内出張している営業マンの日報

名古屋から石垣島への行き方【直行便or那覇経由】

先日、はじめて名古屋から石垣島へ行ってきました。

大変すばらしい地でしたので皆様にも是非行ってほしいと思います。

しかし、旅のプランを考えるのに結構時間がかかりました。

 

そのため、こちらで少しでも皆様のお役に立てればと思い記事を書いてます。

この記事では名古屋から石垣島への行き方に絞り書きます。

 

旅行の条件

・32歳男性の一人旅

・期間は2017/6/28~7/5

・とりあえず遠くにいきたい

那覇にいる友達に会い、石垣にも行く。

 

行き方は直行便か那覇経由

名古屋から石垣島へのアクセスは、

直行便で行くかどこかを経由してい行くかの2種類あります。

どちらもメリットデメリットがありますのでそれぞれについて書いていきます。

 

【直行便】セントレア石垣空港

まずは直行便のパターンからいきましょう!

f:id:eigyou-ikuman:20170709085303j:plain

フライト情報 | 南ぬ島 石垣空港

 

石垣空港はこんな感じになってます。

空港の公式HPにどこからどの航空会社がでているか書いてます。

 

f:id:eigyou-ikuman:20170709085530j:plain

フライト情報 | 南ぬ島 石垣空港

中部国際空港の場合は、ANAしかありません。

格安があるといいのですが、こればっかりはどうしようもないですね。

 

飛行機の値段はとる時期やタイミングによって大きく変動するため、

ブログ記事にはしにくいのですが、仮に2か月後の予約をとる前提でいきましょう

 

だいたいこのような感じになります。

時期によっては多少前後すると思うので

ANA公式ページなどで調べることをお勧めします。

 

中部国際空港石垣空港

f:id:eigyou-ikuman:20170709085737j:plain

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

 

  • 価格は普通運賃で片道4万円
  • 21日前以降から摘要される旅割でだいたい2万円
  • 一日一便10:50発 13:35着のみ

 

 

石垣空港中部国際空港

f:id:eigyou-ikuman:20170709091133j:plain

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

 

  • 価格は普通運賃で片道4万円
  • 21日前以降から摘要される旅割でだいたい2万円
  • 一日一便14:10発 16:35着のみ

こんな感じになります。

一日一便なのはしょうがないですが、時間の中途半端感はいなめない。

現地でいい時間に昼飯が食べれないじゃないか・・・。

 

中部⇔石垣直行便のメリットデメリット

メリット
  • 無駄な経由がないため島の時間を多く取れる

 

デメリット
  • 旅割が取れなかった時の価格が高い。
  • 往復で8万円してしまう可能性も。
  • 一日一便!
  • 時間が中途半端

 

人気な観光地でしかも夏に集中するという特徴があることからも

旅割が取れない可能性も十分あります。

旅割が取れれば思ってたほど高くはないですね。

私はすでに旅割がなかったため、値段をみて直行便はあきらめました・・・。

 

 

【経由】セントレア那覇石垣空港

私はこのパターンで移動しました。

直行便の価格が往復約8万円と高かったことと、沖縄本土の観光もしたかったためです。

 

まずは那覇-石垣空港を見ていきましょう。

 とりあえずANAでみます。

他の航空会社もありますが、値段に大差なかったです。

 

那覇石垣空港

f:id:eigyou-ikuman:20170709094102j:plain

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

便数も多くて安い!

おらびっくりした!

 

こんだけ便があれば旅割もとれます。

実際2週間前とかでも余裕でありました。

 

 

 石垣⇒那覇空港

f:id:eigyou-ikuman:20170709094257j:plain

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

この便の多さはなんだ!しかも安い!

 

とりあえず、那覇石垣空港は往復1万5千円もあればできるということです!

 

 

中部国際空港那覇

さて、この区間の利便性次第でどのルートで移動するか決まりますね。

f:id:eigyou-ikuman:20170709095132j:plain

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

ANAスカイマークJTAジェットスターと4社ありますね。

やっぱり格安と呼ばれる航空会社は時間が悪いことが多い。

スカイマークの0時5分とか6時出発とか鬼か!

前泊にお金使うのはさすがにもったいない。

 

まずはANAを見ていきましょう。

 

中部国際空港那覇空港

f:id:eigyou-ikuman:20170709095906j:plain

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

一日3便あれば、かなり計画立てやすいですね。

まぁ、普通にやってればさすがに旅割もとれるでしょう。

 

那覇-中部もおんなじような感じです。

 

那覇中部国際空港

f:id:eigyou-ikuman:20170709100408j:plain

 

では、試にスカイマークも見てみましょう。

中部国際空港那覇空港

f:id:eigyou-ikuman:20170709100441j:plain

http://www.skymark.jp/ja/

あれ?

全然格安じゃないぞ?!

ANAと同じくらいだった・・・

 

これなら時間がよくて使い慣れてるANAを使った方がいいのでは・・・。

旅割とれなかったらスカイマークもありですね。

 

ざっくりですが、那覇と中部の往復には2万6千円くらいでいけるということですね。

 

那覇経由のメリットデメリット

メリット
  • 安い。石垣に直行で行く片道料金で往復できちゃうかも。

石垣⇔那覇往復1万5千円、那覇⇔中部往復2万6千円。

  • 便が多いから予定が立てやすい

 

デメリット
  • どうしても無駄な時間はできちゃう。
  • 行先が増えると各地でのホテルや車の手配が面倒・・。

 

私の実際の移動

色々とこんなことを調べているとかなり時間がかかりました。

そして、出た結論は、

那覇⇔石垣はANAで自分でとり、

那覇⇔中部は楽天のホテル&航空券のパックを買うことにしました。

 

だいたいパックにすると、一泊分はタダになっちゃう不思議な感じになるんですよね~。

なので、今回も那覇⇔中部の往復の飛行機台で

ホテルもついてるプランみたいなのがありそれにしました。

 

まとめ

  • 中部⇔石垣は直行便があるけど、旅割取れないと高いよ!往復8万円!
  • 中部-那覇-石垣と経由した方が時間も価格も良心的!
  • 石垣-那覇は安いし便も多い!往復で約1万5千円
  • 格安もそんなにかわらない中部⇔那覇間。往復で約2万6千円
  • 中部⇔那覇はホテルとのパックで安くすませる!

もっと上手な方なら色々なパックを利用したり、

安く済ませる方法を知っているのかもしれませんが、

私はこんな感じで一個ずつ地道に調べて一番安いと感じた方法で移動しました。